卓球上達までの手引き


Deprecated: Function split() is deprecated in /home/cc010/takkyu-jyotatsu.info/public_html/f-d.php on line 54

フォア編
◆ドライブ
まずは感覚をつかむには多球練習が効果的。イメージとしてボールの上、もしくは斜めをこする。ラケットを引く際に下に下げようという人もいるが、平面的にひくか、斜め下に引く方がボールに対して回転がかけやすい。基本的にボールを打つ時はどんな時も力を抜いてボールが当たる瞬間だけ力が集中するようにする。こする時に手首だけを重視する人もいるが大きな間違いで、身体全体を使って、特に腰をうまくひねり、その反動でボールに力が伝わるように集中させる。そのときに身体が開かないようにする。例えば効き腕ではない方を胸の前に構えて、ラケットを振る腕をその腕と交差させるようなイメージ。初めのうちは少し不恰好になるかもしれないが、身体が開かなければ、ミスの確率も低下し、ボールの回転量や、スピードも増してボールがよく走る。まずはボールをこするようにすること。

(C)卓球上達までの手引き