卓球上達までの手引き


Deprecated: Function split() is deprecated in /home/cc010/takkyu-jyotatsu.info/public_html/s-s.php on line 54

サーブ編
◆短いサーブ
ただ一人で黙々とやるよりも、相手にレシーブしてもらう方が効率も良いし、感覚がつかみやすい。短いサーブを使用するのは主に下回転と横下回転とナックル。下回転を出す場合は、ワンバウンド目をネットの近くに落とすように狙う。自分の近くにバウンドさせると思われがちだが、下回転がかかっているのでボールが止まる。ネットの近くに落とそうと意識することで、ボールを切るときに無意識に力が抜けて、よく切れる。横下回転も同様、ネットの近くにバウンドさせるように意識すること。ナックルは無回転なので、逆に自分の近くにバウンドさせて、相手側のネット近くに落とすように練習する。その時にボールをラケットに真ん中に当てる人が多いが、そうすると少し回転がかかってしまうので、相手にとってはレシーブしやすい。ナックルはラケットの上のヘリに当てることで無回転が生まれるのである。いずれも相手にレシーブしてもらうことで上達が早くなる。

(C)卓球上達までの手引き